コーヒー豆の生産量ランキングベスト10!コーヒー豆の種類と品質ランクについて

コーヒーが好きでよく飲むという人もいれば、それほど好んでは飲まない、あるいは苦手という人もいますよね。

その種類や生産地や生産量・品質について、色々と調べていきたいと思います。

コーヒー豆の生産量ランキングベスト10!コーヒー豆の種類と品質ランクについて

コーヒー豆は、なんと”世界60ケ国以上で生産されている”ということをあなたはご存知でしたか?

私は、それほど多くの国が生産しているとは知りませんでした。

一番の生産量は、どこの国だと思いますか?

これは割とよく聞く話なので、ご存知かもしれませんね。

そうです、ダントツでブラジルが1位です。

ブラジルは世界の生産量の約3割を占めているのですよ。

続いて、

  • 2位 ベトナム
  • 3位 コロンビア
  • 4位 インドネシア
  • 5位 エチオピア
  • 6位 ホンジュラス
  • 7位 ペルー
  • 8位 インド
  • 9位 グァテマラ
  • 10位 ウガンダ

(2017年世界のコーヒー豆生産量国別ランキングより)

コーヒー豆ができる”コーヒーの木”を栽培するためには、土地・気候に一定の条件が必要です。

そのため生産できる地域のほとんどが、赤道を挟んだ”コーヒーベルト”と呼ばれる地域に集中しているのです。

コーヒー豆の種類についてですが、現在世界中で栽培されているコーヒー豆は、約200種類以上あると言われています。

それくらいコーヒーには深い魅力があり、世界中で親しまれているということですね。

では、有名なコーヒー豆の種類を紹介します。

モカ
イエメン・エチオピアで生産され、フルーツのような甘酸っぱい香りと、  まろやかなコクが特徴。

ブルーマウンテン
ジャマイカで生産され、すべてのコーヒーの良さをあわせ持つ、バランスの良い味。

キリマンジャロ
タンザニアで生産され、強い酸味と豊かなコクと甘い香りが特徴。

グァテマラ
グァテマラで生産され、果実香の酸味と甘い香り、苦みのある味が特徴。

マンデリン
インドネシアのスマトラ島で生産され、控えめな酸味と深いコクと、ほろ苦さとのバランスが絶妙。

コーヒー豆には、その種類がたくさんありますが、牛肉にランク付けがあるように、コーヒー豆にもランク付けがあることを、私は知りませんでした。

コーヒー豆の品質ランクについて

コーヒー豆の生産量ランキングベスト10!コーヒー豆の種類と品質ランクについて

ざっくり分けるとコーヒーは、2つに分かれます。

スペシャルティコーヒーとプレミアムコーヒー
味や付加価値によって価格が決められ、買い付けが行われます。

コモディティコーヒーとローグレードコーヒー
先物取引によって、常に価格が変動します。
味は少々劣りますが、お手頃な値段です。

スペシャルティコーヒーは、人が行う官能検査(味覚検査)で80点以上のコーヒーで、専門店が扱う高品質なコーヒーです。

プレミアムコーヒーは、官能検査で、75~80点未満のコーヒーです。

コモディティコーヒーは、スーパーや量販店で栽培されている、200グラムで500円くらいになるコーヒーです。

ローグレードコーヒーは、缶コーヒーやインスタントコーヒーの原料となるものです。

まとめ

簡単ではありますが世界のコーヒー豆の生産量ランキングと、コーヒー豆の種類・品質ランクについて、お話ししました。

いつも自分が飲んでいるのは、「ローグレードコーヒーで原産国は複数」ということが、分かりました。

時にはスペシャルコーヒーのランクも、是非味わってみたいですよね。

落ち着いた豊かな時間をコーヒーは演出してくれます。

忙しい毎日だからこそ、あえてコーヒータイムを楽しみたいものですね。

タイトルとURLをコピーしました