しまっておいた服に茶色いシミ!?原因不明のシミをスッキリする落とし方!

衣替えの季節。

久しぶりに着ようとタンスから服を出そうとしたら、謎の茶色いシミが…!

ちゃんと洗濯して収納していたのにどうして…!?

そんな経験はありませんか?

お気に入りの服や思い出の服にそんなシミがついたらショックですよね。

わたしも大切にしていた季節ものの服にシミができた時は、悲しさでいっぱいになりました。

しかし、そんなシミができてしまっても、捨てたり諦めたりしなくて大丈夫です!

ちゃんと落とせる方法があります。

今回はこの謎のシミの原因と、落とし方について解説していきますので、参考にしてみてくださいね。

タンスやクローゼットにしまっておいた服に茶色いシミ!原因は?

まずはこの茶色いシミの考えられる原因についてお話しします。

原因は2つあります。

保管中に生えたカビの死骸が酸化

1つ目の原因はカビです。

タンスや衣装ケースの中にある湿気でしまっておいた服にカビが生え、それが死骸となり、酸化すると赤茶色になるのです。

後ほど、ついてしまったシミの落とし方はお伝えしますが、カビの場合は生やさないように予防することも大切になってきます。

予防方法としましては、

  • 市販で売られている除湿剤を置く
  • カビの餌となるホコリや汚れなどを、掃除してできるだけ清潔にする
  • クローゼットなどにしまっている場合は、たまに風を通す
  • カビの生えた服を見つけたら早めにカビを除去し、他にも生えている服がないか確認する

この4点を心がけてみてください。

そうは言ってもカビを完全に予防するのはすごく大変ですよね。

私も何度か必死に予防対策を心がけてみましたが、完璧な予防をするのは至難の業でした。

ですので、そこまで神経質にならず、無理のない範囲で予防してみてください。

それでカビが生えてしまった場合は、後ほど解説するシミの落とし方を参考にしてくださいね!

目に見えない汚れが時間とともに目に見えるようになった

服には、水でしか溶けない成分の汚れがついているケースがあります。

これらは基本的に透明なので汚れに気づかずタンスや衣装棚にそのまましまってしまい、それが酸化して茶色くなるのです。

分かりやすい例をあげると、脇の汗が染みて、時間が経過していくにつれて黄ばみができますよね。

汚れの性質としてはそれとほぼ同じです。

この汚れは先ほども話したように、はじめは透明なので、クリーニング屋さんなどでも気付きにくいようです。

ですから、どうしても酸化して茶色くなってからの発見になってしまうケースが多いのです。

ワイシャツに点々とした茶色いシミの落とし方

汚れの原因については、お分かりいただけましたでしょうか?

お次は、ついてしまった茶色いシミの落とし方についてお話していきます。

いくつかありますので、ご自分にあった方法を試してみてくださいね!

揉み洗い&浸け置き洗い

シミが付いてしまっても慌てずに、まずは自宅で気軽にできる方法から試してみましょう。

この方法は私も実際にしている方法なのですが、ビックリするほど汚れが落ちます。

まずは中性洗剤(食器用洗剤など)を汚れている部分に付け、40度前後のお湯で優しく揉み洗いします。

その後、中性洗剤をすすぎ落とします。

洗濯洗剤とお湯をバケツなどの容器に入れてよくかき混ぜ、服を半日~1日ほど浸けておきます。

最後に軽くすすいで、通常通りに洗濯をしておしまいです。

これが自宅でできる最も簡単で気軽に試せる方法になります。

漂白剤を使用

揉み洗いなどの方法で落ちなかった場合は、漂白剤を使って洗濯してみましょう。

色落ちなどが気になる方もいるかと思いますが、柄物用などの酸素系の漂白剤も販売されていますので、心配はないかと思います。

また、漂白剤といっても色々なものがあります。

汚れている部分に直接スプレーしてそのまま洗濯できるもの、付けたあと暫く置いてから、すすいで洗濯するものなどです。

ですので、購入した際は、それぞれの漂白剤の使用方法をよく読んで使いましょう。

シミ抜き剤を使用

漂白剤にも専用のものがあり、心配はいらないとお伝えしましたが、それでも不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな不安をもたれている方や、頑固なシミで取れない!という方には、市販のシミ抜き剤をオススメします。

その際に注意しておきたい点は、シミ抜き剤の選び方です。

選ぶ際には、時間が経過してしまっているシミや、頑固なシミに効果のあるものを選んで購入することが大切です。

\ おすすめはこちら /

まとめ

以上が収納してあった服にできる茶色いシミの原因とその落とし方です。

いかがでしたでしょうか?

茶色いシミといっても原因や落とし方は様々。

まだ着たい服なのにシミができてしまったという時は焦らずに、是非この記事を参考にしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました