乾燥肌で粉ふきが全身に?!粉っぽいカサカサ対策&おすすめクリームはコレ!

寒さが厳しくなり、乾燥が気になる季節になってきましたね。

乾燥を気にして、ヘアケアやスキンケアを入念にする方も多いでしょう。

しかし、忘れがちなのがボディケアです。

冬だし、服で隠れるからと気を抜いたりはしていませんか?

そんな方も、暖房の効いた部屋にずっといると暑くなり、袖をまくった時に

「げっっっっっ!?粉ふいて真っ白!!!!!!」

なんて事はありませんか?

乾燥肌の方は特に、この時期の粉ふきで悩みますよね。

今回は、そんな乾燥肌で全身の粉ふきに悩まされている方には必見の解決方法をご紹介します!

全身が粉ふき状態になるほどの乾燥肌の対策はまず入浴から

まず、なんと言っても肌を乾燥させないことが大事です。

部屋の湿度を気にしている方は多いでしょうが、一番肌が乾燥する原因は「間違った入浴の仕方」です。

間違った入浴をすることで、肌の水分が失われ、乾燥しやすい肌になってしまいます。

乾燥をしないように、正しい入浴をすることが大切です。

 

入浴中は角質が柔らかくなっています。

角質が柔らかくなることで、その下の角層から水分がどんどん失われていきます。

ですので、いかに角質内部から水分を出さないかが重要になってきます。

まずは簡単にできる入浴中にできる2つの対策から。

乾燥肌の対策(1)温度は40度以下

肌の水分が失われにくい温度は40度以下です。

40度以上になると、肌が本来持っている保湿成分や脂質が、どんどん外へと逃げていってしまいます。

これらの成分が出ていってしまうことで、肌のバリア機能が低下し、角質内の水分と脂質のバランスが崩れてしまいます。

角質層の成分バランスを保つ為にも、温度は40度以下に設定しましょう。

乾燥肌の対策(2)摩擦をかけずに身体を洗う

そして、次に大事なのは身体の洗い方です。

ただでさえ角質が柔らかくなっている状態の肌を、硬いナイロンのタオルでゴシゴシ洗うのはやめましょう。

入浴中のお肌はとても傷つきやすい状態です。

できるだけ摩擦を起こさないように、柔らかいタオルや素手で洗うのがオススメです。

その時、ボディーソープはしっかりと泡立て、優しく泡で包み込むように洗ってください。

角質が柔らかくなっている状態なので、優しく泡で撫でるだけでも、汚れや古い角質は取り除くことができます。

 

以上の2つ「温度は40度以下」「ごしごし洗わない」を気を付けるだけで粉ふきも減ってきますよ♪

そして、さらに入浴後の注意点をご紹介していきますね!

入浴の後はすぐに保湿をしましょう!

お風呂から上がったら、間を置かずにすぐに保湿をしましょう。

保湿には、「ボディローション」「ボディミルク」「ボディクリーム」などの種類があります。

ボディローション

水分量が多いですが油分が少なく、長時間の保湿には向いていないので、ボディクリームでしっかりと蓋をしてあげましょう。

 

ボディミルク

水分油分共に含んでおり、軽いテクスチャーなのでベタつきが少なく、夏にオススメです。

 

ボディクリーム

油分が多めなので、長時間の保湿に優れており、冬の乾燥肌には最適です。

 

使用感の好みはさまざまですが、乾燥が特に酷い人はボディローションやボディミルクより、保湿力の高いボディクリームを選んだ方がいいでしょう。

また、お子さんとお風呂に入っている方は、どうしても入浴後に保湿ケアする時間を取るのは難しいと思います。

そんな方は、保湿成分入りの入浴剤を使うのも効果的です。

 

アトピー体質の特に乾燥しやすい方向けの薬用保湿入浴剤
created by Rinker
コラージュ
¥3,300 (2020/10/28 13:42:14時点 Amazon調べ-詳細)

 

楽天総合ランキング1位の中性重炭酸入浴剤

更に最近では、お風呂の中でお子さんも一緒に使える保湿商品などもあります。

 

ミルクが水にとけて、角層までたっぷり浸透
お風呂上がりにお子さんに塗ってあげながら、ついでに自分のケアをするのもいいかも知れませんね。

まとめ

この時期になると悩まされる乾燥肌ですが、知らず知らずのうちに自ら乾燥させてしまうお風呂の入り方をしていた方もいたのではないでしょうか。

保湿ケアだけでなく、まずは自分の肌から水分を逃がさないようにする事が大切なんですね。

正しい方法で入浴し、この冬こそは粉ふき肌から脱却しましょう!

タイトルとURLをコピーしました