ヨーグルトダイエットは乳酸菌の種類で効果に違いがあるって本当?

手軽にできるダイエットとして人気のヨーグルトダイエットですが、ヨーグルトの乳酸菌の種類によって効果が違うのはご存知ですか?

この記事では、ヨーグルトの乳酸菌による違いや、ヨーグルトダイエットのおすすめの食べ方を紹介しています。

乳酸菌の力を利用したヨーグルトダイエットとは

ヨーグルトダイエットとは

ヨーグルトダイエットとは、普段の食事をヨーグルトに置き換える、または食後にヨーグルトを食べるダイエット法です。

置き換える時間や食べる時間によって効果が変わってきます。

朝に置き換える

朝食をヨーグルトに置き換えると、カルシウム不足が解消され太りやすい体質が改善されます。

昼に置き換える

お昼は外食をする方も多いのではないでしょうか?

置き換えることが難しい時は、昼食の後にヨーグルトを食べるのがオススメです。

外食をすると食べたものによっては栄養に偏りがありミネラル不足になります。

そこで、食後にヨーグルトを食べるとミネラル不足を補うことができます。

夜に置き換える

夜22時?2時は腸の動きがとても活発になります。

なので夜にヨーグルトを食べ、腸内環境を整えるとダイエットに効果的です。

置き換える時間によってダイエット効果も変わってくるのにはびっくりですね。

ヨーグルトの乳酸菌の種類とダイエットの関係

ヨーグルトの乳酸菌の種類とダイエットの関係

乳酸菌とは善玉菌の一種です。

乳酸菌とひとことでいっても種類があり、それぞれ効果は違います。

排便作用の改善「ビフィズス菌」

整腸作用があります。

腸内フローラのバランスを改善し、腸内腐敗産物を減少させ排便作用が改善されます

便秘が改善されるのでダイエットをしたい方には嬉しい効果ですね!

コレステロールを低下させる「LG21乳酸菌」

酸性に非常に弱く、最も繁殖させにくい乳酸菌です。

コレステロールを低下させる作用があるので高カロリーな食事が多い方にオススメです。

また、ピロリ菌を退治する効果があります。

ピロリ菌には胃がんなど重篤な病気を引き起こす危険性があります。

内臓脂肪を減少させる「ガセリ菌SP株」

悪玉菌を抑え、腸内環境を整える効果があります。

また、内臓脂肪を減少させる効果があると科学的に証明されました。

ダイエットにとても適している乳酸菌です。

ヨーグルトの種類によって入っている乳酸菌にはそれぞれ違いがあります。

便秘、コレステロールの低下など自分に合った乳酸菌が入っているヨーグルトを食べるのがオススメです。

ヨーグルトダイエットのおススメ食べ方は?

ヨーグルトダイエットおすすめの食べ方は?

ヨーグルトダイエットを更に効率的に進めるためのオススメの食べ方を紹介します!

ホットヨーグルトにする

ヨーグルトダイエットのオススメの食べ方は、ヨーグルトを温めて食べることです。

ホットヨーグルトにすることによって、乳酸菌やカルシウムなどの有効成分が効率よく吸収されます。

また、冷え症対策にもなります。

作り方はお皿にヨーグルトを約200g入れラップをかけ電子レンジで温めるだけです。

とても簡単ですよね。

ですが、ホットヨーグルトの温めすぎには注意してください。

温めすぎると乳酸菌が死んでしまったり味が落ちてしまったりします。

様子を見ながら少しずつ温めて人肌くらいの温度になるまで温めましょう。

ヨーグルトでプチ断食

断食と聞くと大変そう、空腹に耐えられなそうと思ってしまいますよね。

ですが、ヨーグルトを使ったプチ断食は普段の食事を全てヨーグルトに置き換えるダイエット法です。

プチ断食には胃や腸などの働きを一定期間休ませ、機能を回復させる効果があります。

ヨーグルトを使った断食は、乳酸菌や栄養が多く含まれているので何も食べない状態よりも体に負担がなくプチ断食をすることができます。

断食と言っても全く何も食べないというわけではないので、今まで断食に失敗してしまった方にもオススメです。

ヨーグルトダイエットの乳酸菌の種類まとめ

いかがだったでしょうか?

身近な食材、ヨーグルトでダイエットができるのはとても嬉しいですね。

また、乳酸菌の種類によって効果が大きく変わってくるのには驚きでした。

ぜひ、この記事を参考に無理のない程度にヨーグルトダイエットにチャレンジしてみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました