※本ページはプロモーションが含まれています

オフィスチェアを買ったのでレビューします。

オフィスチェアについての記事です。

私は、自宅でパソコンの作業をすることが多く普通の椅子だと、休憩時に休むことが出来なかったので、アマゾンで探して、このデスクチェアを見つけたのです。

今までにオフィスチェアを購入したことがありますが、どれも数年で壊れてしまったので、今度は頑丈なもので、安いデスクチェアをと思って購入しようと思ったのです。

長時間作業をするので、腕も疲れてくることから、アーム付きのデスクチェアを探していたのです。

アームに腕を乗せたままキーボードが打てるので、私にとって画期的なデスクチェアだと思います。私は、昔から難病でアーム付きでないと、姿勢が保てなかったので、購入するなら絶対にアーム付きと決めていたのです。

それと、背もたれがあるものとリクライニングが出来るタイプをと探していてたのです。今までに椅子を交換した数も5個くらいだと思います。

もうこれ以上買い替えないでいられるものを探していたのです。

座面と背もたれの部分は、レザーになっていてクッションが付いているものなので、座った感じも大変高級感を感じられるものとなってます。

背もたれの高さも71センチあることから、普通の方が座ると、頭も背もたれに寄りかかることが出来。長時間、このデスクチェアに座って作業をしていても疲れることは少ないです。

ゆったりとした感じなので、感じとしては、会社の役員が座るチェアとして使われるものとなってます。両側にアームが付いてますので、腕を乗せて休憩することも出来ます。

座面の下にあるロックを外すことで、リクライニングが出来るようになってます。リクライニングしない時には、ロックしておくことも出来るのです。

レバーを上にあげると、座面の高さがかわりますので、ちょうどいい高さの所にすることも出来ます。

下は、キャスターが付いているので、移動も楽に出来ます。

私は、このリクライニングが出来る高級なパソコンチェアを購入して、パソコンでの操作が楽しく感じられるようになったのです。

今まで、椅子がいつ壊れるか心配していたこともありますので、リ組み立てには、苦労しましたが、自分用のデスクチェアとして、使うことが出来で、気分的にも明るくなったような感じがします。

一番嬉しく感じられたのが、アマゾンでアウトレット商品として格安で購入出来、レザーの座り心地がいいので、私自身では、手放したくない感じもします。

とてもリクライニングをしてみたいと思っていたので、自分の部屋でいる時間も長くなりました。おかげさまでパソコンのスキルをアップすることが出来ましたので、生活がとても楽しく感じられるようになったのです。

セールスポイントは、見た目の高級感を感じるド??シッとしたデスクチェアの所です。

座面と背もたれの厚みがありますので、今まで座ったことのない感触を感じます。

レバーを引いてロックを外すことでリクライニングチェアとして、活用出来るようなってます。

背もたれを後ろにそらせると、背もたれが後ろに下がりますので、ゆったりとくつろぐことが出来ます。アーム付きなので、パソコンでの作業に疲れた時には、腕をここに乗せてリラックスすることが出来ます。

値段から価値観を考えると、値段以上の高級感を感じられますので、障害者の方、高齢者の方など体が疲れやすい方には、おすすめのデスクチェアとなってます。

実査に座ってみれば、この椅子がこの値段で購入出来る喜びを感じられます。

アームの部分だけ固定しているので、リクライニングをして、力を入れすぎると、壊れる可能性もあるので、リクライニングを頻繁に利用しないことが大切です。

アームの部分のねじが取れると、再度付けるのに大変苦労します。

レザーですが、傷をつけてしまうと、中の白いものが見えて目立ってしまうので、傷は極力付けないようにすることが大切です。

購入して自宅に届けられる時は、一個一個パーツに分解されているものが一つになって送られてくるので、箱から出して組み立てるのに、一人だと時間がかかるので、最低でも二人いると、作業がスムーズにいくと思います。

この高級なレザータイプのデスクチェアは、主に障害者や高齢者、ゆったりとした高級なデスクチェアに座りたい方などにピッタリだと思います。

会社で利用するなら、社長や役員の方が座る椅子として利用する時に適していると思います。

また、自分用のデスクチェアとして、高級なレザーで作られたものに座ってパソコンで作業を試みたい方にもおすすめします。

このデスクチェアは、値段以上の心地よさを感じるパソコン用のデスクチェアなので、パソコンに興味のある方にも十分に活用出来るチェアだと思います。

長期間使えるチェアは、私にとっては、あまりないことなので、私自身に向いているかなって思ってます。

ヴェルニ

error: Content is protected !!