※本ページはプロモーションが含まれています

かぼちゃの冷凍ってまずい?ぶよぶよにならないコツとおいしくリメイク

かぼちゃの煮付けの冷凍はまずい?失敗しない保存方法や最適な解凍の仕方

大量に作ってしまったかぼちゃの煮つけ。

冷凍したいけど、美味しく冷凍できるのかな?なんて不思議に思ったことありませんか?

冷凍って、なんでも冷凍庫にぶち込んじゃえば凍らせることはできますが、問題は解凍した時の美味しさですよねー!

かぼちゃの煮つけの場合は、汁気をしっかりと切って冷凍すれば美味しく解凍することができるんです。

また、かぼちゃの煮つけはリメイクもしやすい!

ここでは、かぼちゃの煮つけの美味しい保存方法や解凍方法、リメイク法など沢山ご紹介します!

かぼちゃの煮付けをぶよぶよにならない冷凍のコツは?

 

かぼちゃのようなイモ類の野菜って、そもそも冷凍にはあまり向きません。

どうして冷凍に向かないのかというと、水分が多いからです。

他の野菜に比べて水分が多いため、冷凍した後に解凍して食べようと思うと、皮の部分は特にブヨブヨになってて触感が変わって美味しくないと感じます。

しかし、そんなかぼちゃの冷凍でも美味しくする方法があるのです。

まずは、かぼちゃの煮つけを冷凍するコツを見ていきましょう!

かぼちゃの煮つけをリメイクするための冷凍のコツは?

冷凍する時のポイントを抑えることで、美味しくまた食べることができるんです。

冷凍する時は水分を飛ばして小分けにする!

かぼちゃの煮つけを冷凍する時には、水分をできるだけ飛ばしてから冷凍するようにしてください。

水分をしっかり飛ばした方が、解凍した時にブヨブヨした触感になりにくいので美味しいですよ。

また、酸化を防ぐためにも小分けにしてラップに包んでから冷凍してください。

ラップをした後、ビニール袋やジップロックに入れると尚よいですね!

かぼちゃの煮つけ解凍は自然解凍がおすすめ!

かぼちゃの煮つけを解凍したい時には、電子レンジの解凍レンジを使ったり、冷蔵庫でゆっくり解凍するのもいいです。

でも、やっぱり一番簡単な方法は自然解凍ではないでしょうか。

お弁当の中にそのまま入れたら、お昼ご飯を食べるころには丁度解凍されて美味しくいただくことができます!

※一気に解凍はNG

かぼちゃの煮つけの解凍するポイントは、”ゆっくり”です。
ゆっくり解凍しないと、解凍途中で沢山水分が出てしまい美味しくありません。

だから、500Wや600Wのレンジで一気に熱を加えて解凍するのはNGです。

冷凍かぼちゃの煮つけスイーツや洋食にリメイク!

かぼちゃの煮つけはとってもリメイクしやすいんです!

我が家は「今月の食費厳しくなってきたな~!」と感じる時には、リメイクすること前提でかぼちゃの煮物を作ります!!

かぼちゃの煮つけの冷凍に失敗した時でももちろんOK!
どんどんリメイクしちゃいましょう!

かぼちゃコロッケ

じゃがいもの変わりにかぼちゃでコロッケです。
かぼちゃにもう味がついているので、ひき肉と玉ねぎに軽く塩コショウをするだけで十分ですよ!

かぼちゃの煮つけのおやき

我が家がよくやるおやき。

かぼちゃの煮つけをマッシュして丸く形を整え、薄く敷いた油の上に乗せて焼きます。
子供達は、この上にとろけるチーズを乗せて食べるのが大好き!

一気にかぼちゃの煮つけがなくなります。

かぼちゃケーキ

かぼちゃの煮つけは甘みがあるのでケーキにもしやすいです。
卵・小麦粉・砂糖があれば作れちゃいますよ!

かぼちゃの煮つけを冷凍する場合のまとめ

かぼちゃの煮つけは、ポイントを抑えることで美味しく冷凍できます。

冷凍する時のポイントは2つ。

  • 水分をしっかり飛ばす
  • 小分けにする

ということです。

かぼちゃは水分を多く含んでいる野菜です。水分がしっかりある状態で冷凍してしまうと触感が変わりやすいので気を付けてくださいね!

また、酸化防止のためにも小分けした後にラップで包むと良いです。そして、かぼちゃの煮つけは、リメイクもしやすい!

ヴェルニ

error: Content is protected !!