※本ページはプロモーションが含まれています

残暑お見舞いの時期はいつからいつまで?暑中お見舞いから切り替えるタイミングは?

残暑お見舞いの時期はいつからいつまで?暑中お見舞いから切り替えるタイミングは?

夏が近づくと、なかなか会えない人には暑中お見舞いを送って、お互いの近況を確認しながら暑さを見舞いたいものですね。

ただし、暑中お見舞いのタイミングを逃してしまったと思った時には、残暑お見舞いに切り替えた方が賢明のはず。

とは言っても、暑中お見舞いよりも送る人が少ない残暑お見舞いって、いつからいつまでに送ればいいのか、ちょっと難しくないですか?

ここでは、残暑お見舞いについて、送る時期やギフト時のマナーをご紹介しますね。

残暑お見舞いはいつからいつまで?時期と期間について

残暑お見舞いを送る時期は、「立秋を過ぎてもまだ暑さが残る時期」立秋過ぎ~8月末までがベストタイミングです。

日本では、暦の上で一番暑い時期が梅雨~土用(立秋の前日)までとなっているので、立秋を過ぎたら残暑お見舞いに切り替えるのがベストなのです。

残暑お見舞いを送る期間は決まっていない

「まだまだ暑いですねぇ、お体大丈夫ですか?」と残暑を見舞う残暑お見舞い。

この残暑お見舞いを出す期間って、最近はあまり決まりがありません。

 

昔は残暑お見舞いと言えば立秋~8月末まででしたが、最近は、地球温暖化の影響もあって残暑が長引く傾向にありますね。

そのため、今は9月上旬ぐらいまで残暑お見舞いを送る人も増えてきているのが現実です。

残暑お見舞いは早めに出すのがベスト

暑中お見舞いの時期が過ぎ、残暑お見舞いの期間に入ってしまった時には、早めに出すのがベストです。

特に、目上の上司や関連会社など、礼節をわきまえ失礼だと思われないように送りたい時は、9月上旬に入ってしまうと残暑は厳しいものの、残暑お見舞いを送るのは躊躇うという人もいるのではないでしょうか?

 

確かに、9月上旬でも残暑お見舞いを送る人は増えてきていますが、「暦上、昔からの間違いない期間に送りたい」と思うなら、立秋~8月末までに送ってしまうのがベストですね。

残暑お見舞いのギフトを贈る時のマナー

 

残暑お見舞いをハガキではなくギフトで贈られる方も多いのではないでしょうか?

残暑お見舞いをギフトで贈る場合は、暑中お見舞い同様、涼しさを感じられるアイテムを贈るのがマナーです。

 

いくら残暑だからとは言え、暑さをお見舞いすることには変わりありませんので、ゼリーや水ようかんなど、「涼」を感じられる品物を送りましょう。

 

残暑お見舞いギフト時の「のし」の付け方

残暑お見舞いのギフトでも、「のし」を付けないと相手に何に対するギフトなのか理解してもらえない時もありますよね。

特に、目上の方に贈る時には「のし」が必須のはず。

残暑お見舞いで「のし」をつける時は、目上の人に出す場合と知人や友達などに出す場合では表書きが変わります。

  • 目上の人に贈る時→残暑お伺い
  • 知人や友人に贈る時→残暑お見舞い

水引は、両方とも蝶結びになりますよ。

簡単なメッセージを添えると◎!!

ギフトを贈るだけではなく、簡単なメッセージを添えて渡すと、より丁寧な贈り物になりますね。

でも、どんな文章で贈ればいいのか?

例文をご紹介します。

残暑お見舞い申し上げます。

立秋とは名ばかりで毎日暑い日が続いておりますが、
お変わりありませんでしょうか?

秋の風を感じる頃はまだ先になりそうですが、
くれぐれも季節の変わり目には体調を崩さぬよう、
お体を大切にしてください。

令和〇年 晩夏

まとめ

残暑お見舞いを贈る時期は、立秋~残暑が残るまでです。

昔は立秋~8月末までに送りましたが、今では温暖化の影響もあり9月上旬まで送る人もいます。

もしも、ベストタイミングで送りたい時には立秋~8月末までにしておきましょう。

また、ギフトとして残暑お見舞いを贈る時には、「涼」を感じられる品を贈ります。

ギフトと一緒に簡単なメッセージを付けても、より丁寧な残暑お見舞いになりますね!

ヴェルニ

error: Content is protected !!