※本ページはプロモーションが含まれています

副業、複業としてのUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーはどうなのか?

コトー

こんにちは!今回はUber Eats(ウーバーイーツ)についてご説明をしていきたいと思います。昨今の不景気で、副業ならぬ複業としてを、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを選択される方も増えています。今回は詳しく解説をしていこうと思います。

Uber Eats 配達パートナー募集

食べ物を配達するサービスのなかでも、出前館やウォルトと並んで人気サービスと言えるのが Uber Eats(ウーバーイーツ)です。職場や自宅周辺でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを目撃する機会が増えたという方も多いのではないでしょうか?

副業もしくは複業として配達パートナーをするのは、ありか?どのような仕組みなのか?を詳しく解説していきます。Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして働くことを検討している方、向けの記事内容となっています。

日本における展開 2016年9月29日に東京でサービスを開始した。 Uber Japan株式会社により運営されている。 サービスエリアは2020年4月23日時点で、16都道府県にわたる。

Uber Japan株式会社より転載

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組み

注文からお届けまでの流れ

配達パートナーはスマートフォン上アプリで、働ける状態の場合は「オンライン」、働けない状態の場合は「オフライン」にします。飲食店に注文が入った場合は、すぐに飲食店へ受け取りに向かいます。飲食店から注文商品を受け取ってから、注文したユーザーのもとへお届けする流れです。

配達パートナーによって配達時間も変わってきます。

飲食店の周辺に配達パートナーがいれば、比較的短時間でピックアップ(商品を受け取って)、お届け先に向かえます。周辺に配達パートナーがいない場合には時間がかかる事が多いです。田舎よりも都市部の方が配達の時間が早い感じがします。

インセンティブ

特定の条件を満たした際に発生する報酬で、ブーストとクエストという2種類に分類されます。

ブースト

ブーストとは、エリアや時間帯によって需要の高さで発生するインセンティブと理解しておきましょう。このブーストの発生は、需要によって異なり、アプリのホーム画面で確認することになります。登録完了当初はブーストが付かない可能性があり、明確な期間の提示もないようです。

クエスト

天候や配達回数に応じて発生するインセンティブがクエストとされています。クエストが発生する場合、登録メルアドに連絡が入ります。

地域や配達回数によって異なる

地域によって基本料金の差やインセンティブの発生にも状況によって異なります。

支給方法

報酬の支給方法については、火曜日以降に前週分の報酬が振り込まれます。週単位で報酬を受け取れるのは嬉しいですね! 明細については、専用のアプリで確認ができるようになっています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナー

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとは、Uber Eats(ウーバーイーツ)に掲載している飲食店に入った注文をユーザーにお届けする人を指します。

配達には自転車orバイクを使用します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、自分で用意した自転車やバイクを利用して飲食店まで商品を受け取りに向かって商品を受け取って、配達を頼んだ方の自宅or職場にお届けします。

スマホアプリで仕事を受けます。

配達パートナーは時間や場所を拘束されるわけではなく、スマホアプリを使用して配達案件を受注します。配達パートナーとして登録し、スマホと自転車orバイク等あれば働けるスタイルです。

空き時間に仕事ができるので副業or複業として

配達パートナーは隙間時間を活用してユーザーに注文商品をお届けするので副業or複業として人気があります。自分の時間に合わせてお金を稼ぐことができる仕事です。ですので、鍼灸院や整骨院でお勤めの方も空いた時間や、暇な時間にお金を稼ぐ事ができるのです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)での労働は個人事業主となります。

正社員やアルバイト等ではなく、個人事業主という扱いです。その為に完全歩合のような形態で1回の注文ごとに報酬が計算され、必要な物はすべて自己負担となります。年間の所得が他の仕事を合わせて、20万以上ある場合には、確定申告の必要があります。その際に配達にかかった経費は計上できます。

配達パートナーのメリット

採用面接がない

個人事業主であるため、採用の合否などはありません。登録を済ませるだけで働くことができるのです。面接や合否が出るまでの時間がかからないという点は、すぐにでも隙間時間を働きたい方にとっては好都合になるでしょう。

自分の都合で働ける

個人事業主であるため、シフトや出勤時間の制約などがありません。そのため、副業で空いた時間を有効活用したいという方や気が向いたときだけ働きたいという場合には働きやすい環境と言えるでしょう。

服装が自由で丁寧に配達するだけ

配達パートナーは、商品をユーザーのもとへ安全に丁寧にお届けする事が仕事です。ユーザーにお届けする際には、最低限の礼儀・マナーがあれば大丈夫です。現金の受渡しもないので、余計なストレスはありません。

配達パートナーのデメリット

収入が安定しない

個人事業主であり、ユーザーの注文や同じ地域の他の配達パートナーの稼働率によっても受注数が変わってきます。また時間帯によっても注文数の差が出てきます。経費が自己負担で全て個人負担で行うので、交通費やガソリン代などがかかる場合もあります。自転車をレンタルする場合にはそのレンタル費用も自己負担となります。

受注数が時間や時期・天候によって左右する

時間帯や曜日によって、注文数が違ってきます。そのために、自分の働きたい時間で確実に稼げる事はないという点に注意が必要です。天候が悪い場合は、届けるのに時間を要しますが、雨で路面が濡れているので、雨の日は配達パートナーの稼働率も下がるので、受注できる注文も増える傾向にあります。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして登録する方法

登録条件

・18歳以上であること
・日本で就労が可能なこと

上記2点を満たしていれば、登録することが可能です。外国籍の方でも登録は可能です。

必要書類

配達車両によって異なりますが、身分証明証+プロフィール写真とともに、ナンバープレート写真や自賠責保険の証明書、車検証などが必要になります。詳細は公式サイトでご確認ください。

登録手順

①Uber Eats(ウーバーイーツ)のアカウント作成
②必要書類の提出(アップロード)
③銀行口座登録
④配達バッグの購入
⑤審査
⑥完了次第、稼働可能

上記の流れで登録を行います。

2020年以降はコロナ禍もあり、パートナーセンターでの登録ができなくなっています。配達バッグの購入もAmazon経由みたいです。ですが、WEB上で全て完結できる簡単な仕組みになっています。

ぜひ、皆さんもUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをやってみましょう!

Uber Eats 配達パートナー募集

ヴェルニ

コトーです。鍼灸師・柔道整復師で個人で自由に仕事をしています。興味がある事を中心に書いています。混迷な時代を生きていくのに皆様に有益な情報をお伝えさせて頂きます。
error: Content is protected !!